イクオス育毛剤 楽天

育毛剤比較!あなたにあった育毛剤を見つけよう

薄毛に悩んでしまったら、とりあえずやってみようと思うのが育毛剤の利用です。
ドラッグストアなどのお店で販売されている育毛剤がまず一般的に思い浮かぶひとも多いですが、実は病院でも処方してもらえる育毛剤というのがあります。
主に育毛剤には、育毛剤と発毛剤の2つがあり、育毛剤と発毛剤との違いというのは、髪を育てる「育毛」と新しい髪を生やす「発毛」の2つに分けられています。

 

病院でもらうものは、ほとんどが「発毛剤」をよばれるもので、医薬品として医師の処方が必要な薬か、OTC・薬剤師の処方が必要な薬となっています。
主に、病院などで処方されるものは医薬品、お店で販売されているものは医薬部外品とされ、似ているものでも大きな差というのがあります。
たとえば、病院で処方される医薬品には、髪の毛が生えるという明確なデータがあり、効果がハッキリ分かっているなど、医学的な根拠がある薄毛改善の薬といえます。

 

反対に、お店で購入できる医薬部外品では、頭皮の血行を良くするといったデータのみで、新しい髪の毛が生えるところまで言えないといったことがあります。
市販の育毛剤によく入っている成分には、センブリエキス、グリチルレチン酸2K、にんにくエキスなど血行促進を促すものが目立ちます。
こうしたものには、たくさんの種類の成分が少しずつ入っていることも共通している特徴です。

 

センブリやにんにくエキスなどは民間療法といったものに多く使われており、それに近い考えで作られているものも多いです。
また、医薬品ではミノキシジルなど医学的に効果が認められたものが配合されているのが特徴です。
市販のものが全く効果的ではないとは言い切れず、薄毛に効果を示すひともいますが、ただ効果を実証されたものでいえば、医薬品である病院の育毛剤のほうがよいといえます。
どちらにしても、効果の高い成分が高濃度に配合されているものを選ぶのがおすすめです。